2014年5月31日 (土)

一陸技「無線工学の基礎」を受験される方へ

一陸技の無線工学の基礎は、無線工学ABに比べて、基礎科目ですので、その分、過去問がアレンジされる可能性が高いです。

基礎固めのために、電気回路や電子回路、電気磁気学等の使ってきた教科書、または情報通信振興会の『完全マスター無線工学の基礎』等を勉強されることも重要ですね。

さらに、「ねらいどころ」の指摘問題の重要度に合わせて強弱して勉強してください。共振回路やリサージュ等、項目ごとに勉強していきますが、試験の1週間前ぐらいからは過去の試験期ごとにやっていくことで、勉強の空白域を防ぎます。そして、特に試験の1日前や試験当日の朝、いかに集中してやるかがポイントです。

※健康管理も1科目あると思って頑張ってくださいね。

2014年5月14日 (水)

多肢選択式解答テクニック(その1)について

陸上無線技術士国家試験、マラソンで言えば、今日は35キロ地点です。一番厳しいときですが、こもって集中してピークを試験時間に持っていってください。この頑張りupが合否を分けるでしょう。「ねらいどころ」が集中のための潤滑剤の一つとなるでしょう。scissors「ねらいどころ」の付録にある多肢選択式解答テクニック(その1)によれば、工学科目の類似問題等のとき、「少」の欄がわかると、他の欄はほぼ「多」ですhappy01(2014.1.18)

2012年10月28日 (日)

一陸技の勉強法のご質問に対して

次のようなご質問のメールをいただきました。(抜粋)

1陸技の資格をとりたくて勉強を始めたいと思っているのですがまず何から始めればいいのかわかりません。1陸技は相当難しいこともネットで調べています。

資格を目指すにあたって市販の参考書もどれが一番いいのかわかりません。いろいろ教えて頂ければありがたいです。

(返信)

まず本ブログ内のカテゴリーの「無線従事者国家試験攻略法」(2012.6.28)等を参考にしてください。電気回路等の基礎勉強は大切です。学生時代の電気に関する教科書や市販の絵とき的な書籍等を適宜見てください。

無線従事者国家試験に対する実践的な対策としては、ズバリ『無線従事者国家試験問題解答集 一陸技』(発行:情報通信振興会)が最も重要ですね。無線従事者国家試験は既出問題や類似問題が多くでるからです。もちろん新問もでます。そのための参考書としては、情報通信振興会発行の『一陸技 無線工学の基礎 実践マスター』『一陸技 無線工学A 完全マスター』『一陸技 無線工学B 完全マスター』、等があります。

後は、「ねらいどころ」等を参考に重点の程度を強弱して、過去問題中心の勉強に臨みます。なお、次回の一陸技無線従事者国家試験の時期は、1月ですからインフルエンザ等にかからないように体調管理の徹底は7月期の試験より最も注意しなければなりません。

無線従事者国家試験研究室

2012年6月28日 (木)

無線従事者国家試験において、数学等の基礎勉強の仕方

「ねらいどころ」利用者の方からのメールに対して、次のような返信をしました。

(ご質問)

1陸技を受験するにあたって基礎学力として最低限復習しておくべき高校数学や高校物理の学習内容を簡単で結構ですのでご教示頂けないかと、今回メールさせて頂きました。

(返信) 

一陸技については、無線工学の基礎が難しいということをよく聞きます。内容的には、無線工学Aや無線工学Bが難しいのですが、これらは受験術的には比較的やさしいようです。したがって、数学的には無線工学の基礎を理解するための基礎力が多少いると考えられます。 

一陸技の国家試験の攻略は、ズバリ問題解答集です。過去の問題を中心に勉強されることが近道です。もちろん、問題数がとても多いので「ねらいどころ」で問題を強弱して理解や記憶していくことになります。(特に試験の前日や試験の朝、試験の昼休みの過ごし方は、大変重要です。)

勉強の順番としては、過去問をやっていきながら、わからないときに参考書等で勉強していきます。ノートも作成されることも有効です。そのノートには、問題をそのまま書き写す必要はありません。19/7 ⑦ というようにどの問題かわかるようにしておけばよいのです。問題の中にはヒントになりそうなことは書き込まないようにします。それは記憶を連想暗記(問題の中の言葉等から答えを連想して記憶するやり方です。)で行うのがいいと思いますので。 

ですから、無線工学の基礎の問題をやっていくとき、わからない数学的なところが出てきたら、その内容を理解できる範囲の数学の勉強をします。具体的には、三角関数、微分・積分、対数(常用対数の計算)が重要です。

※電気数学の書籍が参考書としていいと思います。

先ほどの数学の内容以外に、特に電気回路の基本である、記号法(記号演算法)の計算はとても重要です。この計算は電子回路や電気磁気測定等にも繋がる重要なものです。

コイルの場合、jωL  コンデンサの場合、1/jωC だけは、うのみでいいですから記憶しておいてください。

では、拙いコメントですが、少しでも参考になれば幸甚に存じます。

無線従事者国家試験研究室                            (2012.6.28)

2012年6月19日 (火)

試験の前日、試験当日の朝、試験日の昼休みが効果的です。

happy01試験の前日、試験当日の朝、試験日の昼休みは、1箇月間の勉強に匹敵するぐらいの効果があります。
受験勉強は、過去問を中心に行います。特に出題可能範囲の問題数は多いので、「ねらいどころ」で強弱して勉強することが効果的です。「ドル箱ライン」と言われる年数、すなわち、1年半前・2年前・2年半前は、大きな得点源になります。さらに、無線従事者国家試験研究室が別に明記しましたように、試験実践型(試験形式で解答し、できない問題は問題番号に赤丸、さらに赤丸の問題の中でできなければ問題番号に重ねて青丸を付けるとか。しかし、問題の中には連想暗記等の妨げになりますので、書き込まないで、別にノートを作成し利用します。)で勉強していきます。難しい公式は、試験の数分前に覚えるようにするのが有効ですね。

ところで、これらの試験実践型の勉強は、試験の前日、試験当日の朝、試験日の昼休みがとても重要です。この時間を効果的に過ごすことは、1箇月間の勉強に匹敵するぐらい効果があります。そのためには、もちろん、健康管理は第一です。また自宅から試験会場が遠い場合、試験会場の近くに宿泊することもポイントです(少し宿泊代が高くても落ち着けるところにしてください。さらに、部屋の明るさは大事です。暗い場合は蛍光灯スタンドを借りられるか宿泊施設に確認するといいですね。)。午前の試験をある程度の時刻で切り上げて、早めの昼休みにすることもテクニックですね。小生ならばパンとジュースぐらいを事前に用意して、飲食しながら昼からの試験に徹します(友人とは話さないで。話すのは試験後に。)。「試験後にゆっくりと美味しいものをたくさん食べるぞ」と、試験後の楽しみを作っていてくださいね。(2012.6.19)

2012年6月 4日 (月)

一陸特法規の国家試験対策について(曽根式)

※法規は、12問中、8問が合格ラインです。新問も2問程度あると思います。全体の問題数から判断して既出問題と考えられる問題の1問のウエートは、無線工学の1問のウエートより高いです。したがって、より確実にマスターしておくことが大事です。そのために情報通信振興会の問題解答集にある法規の問題は、連想暗記やキーワード暗記(例:変更ときたら許可、許可ときたら変更)でもいいのですべて解答できるようにしておくことがポイントです。1回解答してできなかった問題を赤丸し、その赤丸した問題だけをやり、できなかった問題は更に青丸するように攻略していきます。試験の前日の夜や試験の朝に再度、これを繰り返します。

2012年5月29日 (火)

「ねらいどころ」の資料について

「ねらいどころ」の資料は,一陸技・二陸技・一陸特・航空通の試験に備えて研究し,ねらいどころ(重要な問題いわゆるヤマ)を示しています。さらに付録として,「テレビ放送局ができるまで」「一陸特の重要項目のまとめ(法規)」「電気通信関係の国家試験及び進路先」「多肢選択式の解答テクニック」も追加しています。P1000459 

試験を受けた後,どうしてこの問題をもう少し勉強してなかったんだろう・・・。と勉強していればいるほど悔しい思いをされた方も多いと思います。このようなことがないための一つの手法として,次のようなものがあります。

過去問が非常に多いですので,理解や記憶を促進させるために重要度ごとにランク付けした「ねら いどころ」の過去問を中心に勉強することが効率的です。さらに,試験当日,一陸技等のAの試験に臨んだ場合においては,確かに「ねらいどころ」を含めた日 ごろの成果として理解力で解いていくのは言うまでもありません。しかし,それでもわからない問題がでてきた場合は,困ってしまいます。そこでテクニックと してまず正解がはっきりわかる問題を所定の方法で分類します。そして残りのわからない問題を「多肢選択式の解答テクニック」のテクニック(その1)~テク ニック(その5)をフル活用するのです。さらに,一陸技(無線工学の基礎)・二陸技(法規以外)の場合は,テクニック(その7)を併用して行えば相当攻略 できることが期待されます。詳しくは,本資料を見てくださいね。小さな情報でも知ることは,大きな成果を発揮するのではないでしょうか。

試験は,合格までの時間的費用がかかりますし,特に試験場までの宿泊費,交通費等,受験者の中には受験料よりも高額の方もおられるでしょう。確かに合格までの時間と合格したことに対する喜びは比例するかもしれませんが,一般には効率的な勉強で早く受かりたいものです。受験術の大切さをわかっておられる方は,ぜひ本資料を一度検討してみてはいかがでしょうか。

購入者の方には,本資料の対象期間中,「ねらいどころ」等において追加事項がある場合は,逐次Eメールにてご連絡いたします。合格に向けて一つの個別指導情報として役立てていただければ幸いです。

なお,「多肢選択式の解答テクニック」は,他の国家試験,公務員試験,就職試験等の受験者の方も参考になりますよ!

watch勉強時間があまり取れない方は,「ねらいどころ」の重要度S・重要度Aの問題だけでも勉強してみてください。そして,新問等の解答には,多肢選択式解答テクニックの(その1)~(その6)も使い,さらにテクニック(その7)で総合的にみていけば,期待できるのではないでしょうかclover。挑戦することが大切ですsign01

無線従事者国家試験攻略法

「無線従事者国家試験受験に際して」こちらをクリックしてくださいね。  

2011年1月26日 (水)

一陸特において・一陸技基礎へのメール

一陸特試験直前対策情報,「ねらいどころ」付録の多肢選択式の解答テクニック(その1)は有力ですよ。(2010.10.5,2011.1.26更新)

happy01平成22年7月期一陸技基礎の「ねらいどころ」について,次のメールを受験者の方からいただきました。「本日の一陸技基礎,かなりの確率で的中しており,答えを解きながら感動していました。」(2010.7.13)

2009年12月13日 (日)

攻略手法(曽根式)

無線従事者国家試験の攻略手法(曽根式)の概要を書きました。次のところをクリックして参考にしてくださいね。(2008.9.10,2009.12.13更新)こちらをクリック 

より以前の記事一覧