« 的中状況 | トップページ | 平成29年7月期までにおける的中状況のアーカイブ »

2019年5月16日 (木)

2018年6月16日のアーカイブ

2018年6月16日 (土)

長年大変好評を得ていました「ねらいどころ」は終了いたします。

2007 年8月より、多くの方に大変好評を得て行ってきました「ねらいどころ」ですが、一陸技(無線工学の基礎)(法規)(無線工学A)(無線工学B)も含め、す べて終了いたします。昨今の教育関係の著しい環境変化により、熟慮を重ねた結論です。長年ありがとうございました。(2018.6.16)

今回も無線従事者国家試験受験指導雑誌『電波受験界』平成29年11月号に本ブログ内容掲載

  • ●●現在も含め長年に渡り大学・高専の無線従事者国家試験受験指導経験を基にした「ねらいどころ」です。「ねらいどころ」独自の分析によるヤマすなわち重要度を示したズバリこの問題、の指摘により、合格に向けて役立っています。2007年8月より行っており、毎回多くの方から的中数やテクニック等に好評(後述のEメール等のご紹介をご覧ください。)を得ています(特に1科目でも「ねらいどころ」がお役に立った方は、連続して他の科目の「ねらいどころ」を購入していただいているようです)。


    一陸技の国家試験お疲れ様でした。「ねらいどころ」が少なからずお役に立てていればうれしいです。因みに、本日夕方、一陸技(無線工学A)を受験された方から、今回一陸技(無線工学A)の的中度がかなり高かったといううれしいメールがありました。(2018.1.17)

平成30年1月期一陸技(無線工学の基礎)のねらいどころが完成しました。厳選102問。 (2017.12.13)

平成30年1月期一陸技(無線工学B)のねらいどころが完成しました。厳選100問。 (2017.12.20)

平成30年1月期一陸技(無線工学A)のねらいどころが完成しました。厳選132問。(2017.12.23) 
なお、(法規)については、大変申し訳ありませんが今回は「ねらいどころ」を作成いたしませんので、ご了承願います。(2017.12.7)

〔お知らせ〕1月16日(火曜)17日(水曜)は、無線技術では最高峰で就職に非常に有利な資格である第一級陸上無線技術士、その国家試験の日です。がんばってくださいね。しかしながら、受験雑誌のデータによれば全国的な一陸技受験者数の急減がみられるようです。(2018.1.3)(2018.1.12)(2018.6.16更新)

〔お知らせ〕なお、平成30年1月期一陸技の「ねらいどころ」のダウンロード販売は、試験直前の対応等の関係上、2018.1.14日(日)じゅうに終了いたします。(2018.1.12)

〔お知らせ〕平成30年1月期一陸技の「ねらいどころ」のダウンロード販売は、試験直前の対応等の関係上、予定どおり2018.1.14日(日)に終了いたしました。次のところからはダウンロードできません。ご了承ください。(2018.1.14)

平成30年1月期一陸技(無線工学の基礎)〔408KB〕全15ページ(無線工学A)〔431KB〕全17ページ・(無線工学B)〔413KB〕全15ページ「ねらいどころ」が完成しました。次のところからダウンロード(有料=税込み各3,800円)してください。(2017.12.13~2017.12.23)(銀行振込の方も次のところをクリックして購入画面に入ってくださいね。)

ご購入のとき,JCB/VISA/MASTERカードが使えます。銀行振込も可能です。また,BitCash, 楽天Edy,ちょコムeマネー も可能です。

「無線従事者国家試験ねらいどころ(一陸技基礎)Ver.21.0-1rk(2017.12.13)

「無線従事者国家試験ねらいどころ(一陸技A)Ver.20.0-1rA(2017.12.23)

「無線従事者国家試験ねらいどころ(一陸技B)Ver.20.0-1rB(2017.12.20)

【もし購入画面に入れない場合は,協力会社のインフォカートの準備ができるまで,申し訳ありませんがしばらくお待ちください。一方、インフォカートの準備完了後、本商材は著作権保護処理をしていますので、ダウンロードのためには、閲覧ソフト『Adobe Digital Editions』が必要となります(『Adobe Digital Editions』はWindows、Mac、iOS、Androidに対応しています。)。この『Adobe Digital Editions』を取得されていない方は、こちらのマニュアルをご覧くださいね。もし本商材をダウンロードできない場合は、必ずteam-s-one@mx8.tiki.ne.jp 及びteamsone@gmail.com までご連絡くださいね。

また,無料サンプル版がありますので,ご覧くださいね。

無料サンプル版(一陸技基礎)(321KB)こちらをクリック(2017.12.13) 

無料サンプル版(一陸技A)(318KB)こちらをクリック(2017.12.23) 

無料サンプル版(一陸技B)(322KB)こちらをクリック(2017.12.20)  

 

なお,次回の該当する(同一資格同一科目)「ねらいどころ」作成完了までに,前回の該当する国家試験終了後から,前回の該当する「ねらいどころ」を購入された方には,補償として次回の該当する「ねらいどころ」に限り(1回のみ)無料でEメール(添付ファイル)でお送りいたします。

🆕なお、このサービスは、2019年5月16日からの「ねらいどころ」においては、当該国家試験科目の当該試験期の国家試験開始2日前を目途に当該科目のダウンロードを終了しますので、行いません。ご了承ください。

〔例 えば,2015年7月期の一陸技国家試験があった後,2016年1月期の一陸技法規「ねらいどころ」が完成する前に,2015年7月期の一陸技法規「ねら いど ころ」を購入した方には,2016年1月期の一陸技法規「ねらいどころ」に限り(1回のみ),無料でEメール(添付ファイル)でお送りいたします。〕(2009.4.14,2010.5.18更新,2010.11.7更新,2011.6.19更新,2011.12.26更新,2015.7.5更新)(2016.11.28更新)

したがって,次回の「ねらいどころ」が作成完了した場合,もし該当される方で,「ねらいどころ」がEメール(添付ファイル)で届いていない場合は,Eメールにてご連絡くださいね。特に該当される方でEメールアドレスが変更された方はご連絡をお願いいたします。(2009.7.1,2010.5.18更新,2012.6.5更新)

なお、一陸技(無線工学の基礎)(無線工学A)(無線工学B)の「ねらいどころ」は、ズバリこの問題として指摘し,更なる詳細分析を行いました。この資料において,特にA問題20問中,9問程度攻略できれば,多肢選択式の解答テクニック(その7)を併用することにより,3~4問程度の正解を積み上げることが期待されます。さらに,B問題において,テクニック(その5)やテクニック(その6)を使えることができる問題がありますので,B問題は3問分程度正解することが期待されます。したがって,合格ラインの15問を突破できるでしょう。もちろん,多肢選択式の解答テクニックを使わずA問 題について9問を超えて正解を導くことができればできるほど,後は先述のテクニックやそれ以外の多肢選択式の解答テクニックも併用して満点近くの高得点を ねらうことも夢ではないと期待されます。(2016.12.19)(2017.6.11更新)(2017.12.13更新)

 

 



※就職について
就 職に有利な第一級陸上無線技術士免許、その国家試験について「ねらいどころ」の拙い資料です。この国家試験は6割できればみんな合格。競争試験ではないの ですが、就職段階では競争となります。すなわち、学歴免許等の条件でいわゆる「スクリーニング」によって就職試験を受けられない場合もあります。一方、免 許取得者は、努力家を客観的に他者に対してアピールもできます。要するに比較優位性を示すことが大事です。その上、就職は時期というタイミングがありま す。より早く免許を保持しておくことが、より有利にそのタイミングをつかむ第一歩となるのではないでしょうか。(2016.6.23)

 

※試験対策の追い込みについて
無線従事者国家試験は、大学等の入試のような競争試験ではありません。ただその分だけ逆に試験前日、試験当日の朝、昼休みの追い込みが大変重要です。スマホ等は試験を終えてから、と大学での対策講義等では言っています。試験中はトイレも行けますので、安心して臨んでくださいね。(2016.6.30)(2016.7.2更新)(2017.12.13更新)

※多くの方からのEメール等
多くの方からのEメール等(個人を特定されないよう加工しています。)をご紹介いたします。こちら をクリックしてください。  (2008.6.3~)


 

Tweet to @soneyasuhito @soneyasuhitoをフォロー

※就職対策セミナー等を受け付けています。
無 線従事者国家試験研究室では、「ねらいどころ」を踏まえた無線従事者国家試験対策セミナーや大学等での講義等も受け付けています。本研究室の管理者は、現 在も大学等で学校認定等での科目(電波法規関連)を担当。大学の課外講義として、一陸技対策講習(法規)を担当。また、大学の文系学部における二陸特の直 前対策講座も担当しました。一方、携帯電話関連の企業では一陸技対策セミナー(無線工学の基礎・無線工学A)を担当しました。

お問い合わせは、こちら までお願いいたします。(2016.6.30)

« 的中状況 | トップページ | 平成29年7月期までにおける的中状況のアーカイブ »

過去に本ブログに投稿した記事」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。